CHIBI★CHIBI ちび☆ちび

ちろりん(≧▽≦)のちろ日常を語るチロ★ログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 2007 CHATEAU MARJOSSETOPワイン ≫ 2007 CHATEAU MARJOSSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2007 CHATEAU MARJOSSE

ん~( ̄m ̄;飲んだのが、だいぶ前だったので・・・
記憶が、すっかりブっ飛んでる( ̄m ̄;おフランスボルドー産の赤ワインです。

P1240502-cmj.jpg

2007 CHATEAU MARJOSSE

なので

どこぞのサイトから、コピペ

ラベルの下に 明記された「ピエール・リュルトン」の文字。
このマルジョスを所有するのは、
あのシュヴァルブランとイケムの総支配人を務める、ピエール・リュルトン氏。
ワイン業界の人なら知らない人はいない程の大物です。
ボルドー最高峰の1級格付け8大シャトーの2つの総支配人を同時に努めるのは史上初のようで、
2004年にこの事が発表されると、たちまち話題になりました。

このシャトーは、リュルトン氏が個人的に惚れ込んで、1990年より個人所有するシャトー。
「優れた土壌、高樹齢のブドウ樹、ブドウ品種の多様性など、
すべてが最高のワイナリーの条件を満たしている」

以降時間を見つけてはこのマルジョスの畑に改善を重ね、最高の技術を注いで醸造を行います。
そのおかげもあって、このシャトー・マルジョスは、
アントル・ドゥー・メールという気軽に飲めるボルドーワインを作る土地でありながら、
そのポテンシャルを十二分に発揮し、今ではボルドーでも大人気のワインの一つとなりました。

プティ・シャトーとは思えないクオリティで、
今やフランス国内はもちろん、 海外からも引く手数多というワイン。

通常ならば高額・希少な格付けワインでなければ実施されない、
「プリムール」と呼ばれる先物販売的な取引も行われる程の人気です。

・・・みたいなコトが書いてありました( ̄  ̄)。

ん~( ̄m ̄;きっと・・・コレ・・・イオン(ジャスコ)で買った?!んじゃなかったかなぁ?
ソレすら覚えていない( ̄◇ ̄;

いかん( ̄  ̄)いかん( ̄  ̄)空き瓶放置プレイに気を付けよう

P1240503-cmj.jpg









blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
ワイン | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。