CHIBI★CHIBI ちび☆ちび

ちろりん(≧▽≦)のちろ日常を語るチロ★ログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 2009 GUADO AL TASSOTOPワイン ≫ 2009 GUADO AL TASSO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2009 GUADO AL TASSO

ま~(==)が、エノテカさんで、年末に買った高っかい!赤ワインです

P1240022-gt.jpg

2009 GUADO AL TASSO

ウンチク不明の・・・約1万円くらい?!の赤ワイン

ワード的に・・・アンティノリ・・・BOLGHERI・・・
いつもは、わからなきゃ検索なんてかけない(笑)ワタシ( ̄  ̄;ですが、検索してみました

スーパータスカン「ティニャネロ」&「ソライア」を生み出した
偉大なイタリアのワインメーカー『アンティノリ』。
ボルゲリの個性を表現した、アンティノリ的ボルドーブレンド!

アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残す
トスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカーです。

こちらのワイナリー、グアド・アル・タッソは、
フィレンツェから南西へ100キロ近く離れた トスカーナの沿岸、ボルゲリに位置します。
グアド・アル・タッソとは、"アナグマが小川を渡る浅瀬"という意味で
実際にそうした光景が見かけられたことから名付けられました。

ブドウの収穫は全て手摘みで行われ、細かく選果。
畑の区画ごとにステンレスタンクでアルコール発酵された後に
オークの小樽でマロラクティック発酵されます。 樽の中で18ヶ月の熟成を経た後 、
最良のロットの物だけが、グアド・アル・タッソとしてブレンド、瓶詰めされ、
そこからさらに瓶内で10カ月の熟成し、リリースされます。
ソライア、ティニャネロに次ぐアンティノリのフラッグシップワインとして、
非常に丁寧に造られています。

モカやシナモン、ハーブやユーカリなどのニュアンスと、
熟したブラックチェリーの果実の香りが幾層にも重なり合います。
ベルベットな舌触りで、ソフトなタンニンがありとてもフィネスを感じさせる仕上がり。
果実味と酸、タンニンの完璧なバランスがとれたまま
長い余韻にまで繋がっていきます。
最初の印象から余韻まで一貫して満足のできる素晴らしい仕上がりです。

同じトスカーナのワインでもキャンティ地区の
ティニャネロやソライアとは全く異なる素晴らしい個性を持っています。
クラシックなボルドーを思わせるアンティノリトップクラスの逸品・・・なのだ( ̄  ̄)そうです。

P1240023-gt.jpg

検索したついでに・・・お値段が、わかっちゃった( ̄m ̄:
な、な、なんとっ!1万2千円も!しやがります~

しかも・・・飲み頃・・・2014年から2029年?!ですって
ちょっとぉ~( ̄◇ ̄;もっとヴィンテージさせておけばよかった?!んちゃう?!

今後は、高いワインは、今後は、ちゃんと、調べてから飲むコトにしよう( ̄  ̄;
ま~(=▽=)任せは、キケンすぎる~









blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
ワイン | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。